9月の第3月曜日の祝日である敬老の日。

シルバーウィークの時期ともあって休みもとりやすく、普段あまり会うことができない祖父母と交流をするチャンスです。

ほとんどの人が両親だけでなく祖父母にもいっぱいお世話になったことがあるはずです。

普段はあまり伝えられない感謝の気持ちも、敬老の日などのイベントに合わせてお祝いできれば伝えることができます。

祖父母の結婚記念日、米寿のお祝いなどの記念日は少し敷居が高めのお祝いイベントですが、毎年くる敬老の日であれば、そこまでかしこまった用意をする必要もありません。

今まで祖父母へプレゼントなどを贈ったことがなければ、敬老の日に気軽にお祝いをしてみてはかがでしょうか。

ちなみにプレゼントの相場としては5000円~15000円程度。

あまり無理なく、気軽にお祝いされている人が多くなっています。

敬老の日の祖父母プレゼントランキング

  1. フラワーギフト

    予算をかけなくても手軽に贈ることができるプレゼントです。

    生け花だとちょっと気張った演出になるかもしれませんが、プリザーブドフラワーのようなフラワーギフトであれば、インテリアをプレゼントするイメージでも贈ることが可能です。

    長期間保存も可能なのでおすすめです。

    商品の詳細を見る

  2. グルメギフト

    お肉などの豪華な食べ物を贈り、そのまま家族と祖父母で豪華な食卓を囲うのも、祖父母にとって嬉しい敬老の日の過ごし方です。

    普段は食べないようなおいしい物を堪能しましょう。

    ただし、祖父母が明らかに重たいものを食べられない場合は控えたほうがよいでしょう。

    商品の詳細を見る

  3. 湯呑み

    祖父母へのプレゼントの定番とも言える湯呑。

    お茶をよく飲む方であれば毎日使う実用的なプレゼントになります。

    焼き物として見た目も風情があり、名入れすることができるものなど、種類もたくさんあるので予算にあったものをプレゼントしましょう。

    商品の詳細を見る

  4. 家電

    実用的すぎてプレゼントとしては少し飾り気のない家電も敬老の日であれば気軽に贈ることができます。

    逆に結婚記念日などの大きな節目のプレゼントだとちょっと贈りにくいものなので、敬老の日に贈るのがおすすめ。

    祖父母の生活がちょっと便利になるような物をプレゼントしてあげましょう。

    商品の詳細を見る

  5. 肩たたき

    予算があまりとれなかったり、お孫さん自身が学生の場合は、肩たたきでも祖父母にとっては十分なプレゼントになります。

    小さい子供がやるイメージがあるので少し照れくさいかもしれませんが、逆に思いやりがあって喜ばれます。

    肩たたきなんて久しくやっていない方がほとんどだと思うので、敬老の日のように気軽なイベントの際にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。