お花やフラワーギフトのプレゼントは、単体でのプレゼントはもちろん、贈り物がちょっと物足りなく感じたり、華やかさをプラスしたいときに効果を発揮します。

例えば祖父母へ手紙のプレゼントを贈る際に、手紙だけだとちょっと味気なく感じたら、フラワーギフトも一緒にプレゼントすれば一気に華やかで豪華なプレゼントにすることができます。

基本的にどんなプレゼントにもプラスして贈ることができるので、あらゆる場面で活躍する万能なプレゼントと言えます。

その便利さに伴い、フラワーギフトは生花だけではなく、様々な種類があるので見ていきましょう。

祖父母へのお花プレゼントランキング

  1. プリザーブドフラワー

    フラワーギフトでは最も知名度が高くなったプリザーブドフラワー。

    生花がいちばん美しいときに特殊な加工を加えて水分を抜いたもので、プリザーブドとは英語で保存の意味を持ちます。

    特殊な染料も使用するためカラーバリエーションに富んだものを作ることも可能となっています。

    生花と変わらない見た目を持ちつつ枯れることがなく、お水などのお手入れも不要で花粉などの心配ありません。

    高温多湿などの環境に置きっぱなしにしなければ、何年も持つので枯れないお花と呼ばれているのです。

    これらの手軽さからフラワーギフトでは最も注目を集める品へと上り詰めました。

    商品詳細を見る

  2. アートフラワー

    代官山に店を構えるメリアルームが展開するアートフラワー。

    アートフラワーとは、シルク地などの布で繊細に作られた造花のことで、生花と遜色ない見た目でありつつも枯れることがない注目のフラワーギフトです。

    プリザーブドフラワーは生花を特殊加工するため、何年もたつと色落ちや乾燥が起こる可能性があります。

    対してアートフラワーは布で精巧に作られたものなので、枯れたり劣化したりすることは全くありません。

    劣化しないということでお手入れ不要でずっと飾っておけるので、記念日のプレゼントとしてはピッタリです。

    商品詳細を見る

  3. 胡蝶蘭

    “幸福が飛んでくる”という花言葉がある胡蝶蘭。

    新築祝い、開店祝い、就任祝い、長寿の祝いなど、古くから様々なおめでたい場面で贈られてきたお花です。

    気品のある外観と生花の中では長持ちで花粉や香りがほとんどないところもポイントです。

    高価なイメージはありますが、ミニサイズの気軽に購入ができる物もあり、様々な場面で使えます。

    中々贈る機会がないからこそ、金婚式などの大きな節目の年のお祝いにはおすすめです。

    商品詳細を見る